読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pianque's blog "blackstar"

北関東の某市で暮らすpianqueが日々感じたことをつづります。表題とかけ離れた記事が増えてきたのでタイトルを変えました。

ワインショップ・ワイングロッサリー

京都のワインショップ・ワイングロッサリーですが、pianqueは最初の頃の実店舗に何度か行っており、その後転居した後はネット通販でお世話になっています。

転居して惜しかったと思うことがいくつかあるのですが、このお店が近くでなくなったというのもその中の一つで、結構残念です。以前は自転車で15分ぐらいでした。

このお店については過去にfacebookなどで色々書いており、基本的にそれと書く事が変わりません。

当時連れ合いに付き合わされてしぶしぶ(?)ワインを買い始めた私が、専門店で「結局あなたどういうワインが欲しいんですか?」と言われて威圧されてしまったり、ネット通販で自然派ワインを買ったりして失敗したあげくここに辿りついたいきさつがあり、初心者にも通の人にも優しいお店です。

もっともその行った先でポンと10万円を出してワインを買っている人(有名人に見えたけど誰だか分からず)を見たり、セールで35万円のロマネ・コンティ(当時。現在は高騰してこの値段ではとても買えない)が瞬間で売れているのを見て、色々驚いたという経験もしたのですが、後で色々分かるとそれほど驚くことでもなかったのでした。

さすがにそんなに高額のワインを追いかけても仕方ないと思ってはいますが。

現在もワイングロッサリーの頒布会を利用していて毎月取引があります。

このお店の素晴らしい所は、ワインが単なる飲み物でも、収集の対象でもなく、文化であり芸術なのだということを明確に示している点にあると思います。

ワインフェスティバルなども開催されていますし、勉強会なども活発に行われているようです。

HPも読んでいるだけで勉強になりますし、すごいと思うのですが、読んでいると大体のワインの雰囲気をイメージできます。しかもこれを店主オリジナルの表現とかではなく、共通言語でやっています。

ワイン屋というと、オタクな感じの店主とかいかにも通な雰囲気の人がいて、女子供にはいいものは売らねえぜ、というまるで魚屋のようなオーラを出している所も実は結構ある(ご本人はそれに気づいていないと思うけど)わけで、女子にとっては彼氏がワインファンとかでない限り結構入りにくい世界です。

まあ私も連れ合いの趣味から始まったのですが。

もしもワインにちょっと興味のある女性の方がいらっしゃったら、このお店はとてもおすすめです。もちろん男性もですが。

雰囲気も優雅ですし(実は倉庫作業などは力仕事のはずですが)、ワインだけではなく、美味しいワインに合う食べ物の販売までしてくれます。

ここのチーズはとても美味しいので私はもっぱらここで買っています。

チーズも管理の仕方で味が変わるため近所の百貨店のものと全く違います。

この話を知人にしたら早速買ってくれて「それほどでもなかった」と言われましたが、チーズもその時で品質が変わるため、そういう時もあるかもしれません。

ブルゴーニュワインは高騰で手が出なくなってしまいましたが、他産地のワインの販売にも積極的で、将来的にもお付き合いしたいお店です。

あと、RMシャンパーニュに力を入れていて、ドザージュゼロのワインはここでしか買えないものがいくつかあります。

私たちはそこまでシャンパーニュ好きではないので(人為的な要素の強いものよりは畑や気候の成果を楽しみたいという理由)そこまで重要なポイントではないのですが、ファンの方には垂涎ものでしょう。

今思い出しましたがレオネッティ・セラーなど他にも定番の「ここだけしか売っていない」ワインがあります。

ちなみにこのお店でpianqueが毎年買う定番のワインは、バロン・ド・エルというロワールのワインです。

もっと安くて美味しいロワールのワインもあるかとは思いますが(そういうのも知っていますし買っていますが)、ハズレがなく安心の銘柄です。すぐに飲まずにかなり置いても美味しいはずです。

白ワインはシャルドネばかりでは飽きるし、リースリングとかヴィオニエは連れ合いがあまり好きではなく、ローヌ南部の白とゲヴュルツトラミネールは私が苦手、甘口は二人共苦手、そのほかの品種もイマイチ受けがよくないということで、他の選択肢がほぼソービニョン・ブランとイタリアのラディカル自然派白ぐらいしかありません。ロワールはすごく高いということもなく貴重な存在です。

一応褒めるだけではなく個人的に合わない部分を書くと、ルイ・ジャドはあまり好きではありません。(完全に好みの問題ですが)

売られているワインは若いものが多いので、実は寝かせた方がいいものも結構あります。どこのワインショップも同じことではあります。

あと、ヴィンテージワインを買う場合これも基本的にどのお店でも注意が必要です。

もっともワイングロッサリーさんは基本的に補償してくれるため、そういう意味では比較的安心して買えると思います。

高価なワインを一つ一つ補償するのは、それでお店がやっていけるのか?という大変さだとは思います。楽天のお店よりワインの値段が高いのにはそれなりの理由があるのです。

あと、これはおまけ情報ですが、社長さんが美人の京女でフランスにも度々出張されており、公開されている写真がとても素敵です。会長さんも素敵な方です。