読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pianque's blog "blackstar"

北関東の某市で暮らすpianqueが日々感じたことをつづります。表題とかけ離れた記事が増えてきたのでタイトルを変えました。

NOISY'S WINE SELECTS

ワイン

ワインはお金を出して買うものですから、当然のことながら事前に色々下調べします。

以前にも書きましたが情報誌はあまり当てにせず、ワインショップのメルマガが主なリソースなのですが、ワインショップの話なので当然割り引いて考える必要があります。

そのメルマガに情報誌のレーティングとかも書いてあるので結局情報誌を参考にしているといえばそうです。

あと、たまに個人の方のワインブログを見たりしないわけではありません。

そのメルマガの中でも一番信頼しているのはNOISYさんのサイトでして、何故かというと、知識の豊富さや経験、テイスティング能力もさることながら、非常に正直だからという理由です。

どこかのお店で買おうかどうか迷った時、ひとまずNOISYさんのサイトで確認するということはよくあります。

感覚が繊細ではあるのですが、どこかのお店みたいに独りよがりなところもNOISYさんにはありません。

きちんと読むと、お店の人が美味しいと思って心から勧めているものか、コストパフォーマンスがいいから勧めているのか、営業的に勧めているのかが、結構わかってしまいます。

ワインの配送も梱包も実に丁寧で、あれなら夏の炎天下に間違えてしばらくおいてしまっても何とか救済されるレベルです。

ただし、一回配送先の変更を途中でお願いしたらちょっと怒られてしまいましたが、お忙しいみたいなのでそれはまあしょうがないですね。

勿論、お店の人の好みというのはあり、それに合わない人もやっぱりいるかもしれません。

個人のワインブログは読まないことはないですが、主観的な記事が多いせいか、かなり専門的に書いている人の記事でも信じて買うと結構失敗します。

逆においしくなかったワインの記事は結構信頼できると思って読んでいます。

私はリサーチする役なので調べて買いますが、連れ合いは飲む専門の人です。

豚肉を出すとだいたいの産地を言い当てたり、ワインのテイスティングも勉強してない割に的確だったり、かなり味覚の鋭い人ですが、最近年のせいで味覚がちょっと衰えたと言っています(そうかもしれません)。

私としては、ワインの知識や背景をあまり知らずに飲むのもちょっと勿体ない(しょうがないので解説しているけど)とは思いつつ、もしワインブロガーのように詳細に非常にこだわる人と飲んだら、少なくとも楽しく飲めないのと、美味しさも半減しそうな気がしているため、今のままでいいとも思っています。

 

広告を非表示にする