pianque's blog "blackstar"

北関東の某市で暮らすpianqueが日々感じたことをつづります。表題とかけ離れた記事が増えてきたのでタイトルを変えました。

中国語の発音

pianqueというIDですが、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、中国語のピンイン表記です。

中国語の初学者は漢字にこのピンインでルビをふって勉強します。

また、中国語で入力したい時も、ピンインで入力しています。例えば、hanyuと打てば中国語フォントで汉语と出てきます。中国人もこのピンイン入力で中国語を入力しているようです。字画や偏、旁などで入力しようとすると面倒ですし、そもそもあまり覚えていません。

実際中国人の発音を聞いていると標準語でもたまにピンイン通りに必ずしも発音していなかったりしますが、慣れてくるとそういうずれも分かるようになります。日本語で「こんにちは」を「こんにちわ」と発音して何の違和感もないのと同じです。

私は中国語をはじめて結構長いので、聞き取りは慣れていますが、中国に長期に住んだことがないため中国語を話すと言い回しが思いつかないことがたまにあります。さらに国語としての教育を受けていないので、古文や故事成語などはあまり知りません。

あと、文章を書くのはいまだに苦手です。

書く機会はあまりないので困ることはありませんが、たまに書かざるを得ない時にうまい文章が書けず、ちょっと恥ずかしいということはあります。

中国語は発音が難しいとよく言われます。一番よく言われるのは巻舌音(zhi,chi shi,ri)が難しいということですが、実は日本人がもっとも苦手なのは有気音と無気音の区別ではないかと思っています。巻舌音は慣れればさほど難しくないはずです。

私個人はfとhの区別と、-nと-ngの区別が苦手です。一番苦手なのはhの発音で、これも日本人的な傾向かもしれません。他にも発音が苦手な単語がいくつかありますが、基本ゆっくり話せば大丈夫なのです。

もともと日本語が早口なため、他の言語をしゃべっても早口になりかえって滑舌が悪くなってしまうというのが私の欠点で、初学者の言語の場合時々相手から同じことを指摘されることもあります。

ちなみに、今まで習った言語で一番発音が難しいのはアラビア語だと思います。まだ初学者なのでそう感じるのかもしれませんが、有気音をさらに強く発音する音などがありますし、母音が3つしかないといいつつ実は母音が子音の音に影響されて曖昧な音になっていることがよくあります。عなどは他の言語であれば完全に母音扱いになる所ですが、アラビア語では子音になります。

ただ、アラビア語には韓国語の濃音に近いと個人的に思う音があり、韓国の人であればもう少しうまく発音できるかもしれないと思いました。

広告を非表示にする