読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pianque's blog "blackstar"

北関東の某市で暮らすpianqueが日々感じたことをつづります。表題とかけ離れた記事が増えてきたのでタイトルを変えました。

どこでワインを買うべきか?(1)

こんにちは、pianqueです。

もともとこのブログではワインの話を書きたかったのです。

と言っても、テイスティング記録みたいなものを書くつもりはあまりありません。

テイスティング用語や誰にでも分かる表現というのはあると思いますが、他人が飲んだことのないワインを、ボトル差やコンディションなど色々違いがあり個人の好みにも違いがあるので、読んでいただける皆さんと共有できるのか?というと、多分難しいだろうと思っているからです。

(とはいえちょっとは書くかもしれません)

ネットでお買い物ができるようになって大きなメリットは、ワインの場合、全国規模でお店を選べるようになったということです。

pianqueは関西にいた頃あるワインショップとお付き合いがありましたが、引っ越ししてもネットショップで取り引きできるので、これは大きなメリットです。

もともと私は対面販売がやや苦手です。店員さんに色々聞けるというメリットはありますが、困るのは店員さんがこちらの知識の程度を見誤っている場合(全くの素人と思われているか逆に完全にマニアだと思われているか)と、お店の人のセンスを押し付けられる場合、そして買わないといけないプレッシャーがかかってしまう場合です。

お金を使うということにはその人らしさが最も出てしまうもので、買い物というのは、特にある程度高価なものの場合、なかなかデリケートな部分があります。

 

pianqueがワインに興味を持ち始めたのは、嫁ぎ遅れの年齢頃に知り合った連れ合いがワインファンだからで、ワインを飲み始めてそんなに長くありません。

最初の頃はワイン情報誌を読み、色々なお店で買いましたが、お店の保管状態がネットショップの場合あまり良くない所が結構あり、失敗も色々しました。

現在度々ワインを購入しているのは6~8店舗です。多いと思われるかもしれませんが、全国には山ほどワインショップがあるので、かなり絞った結果です。

具体的にどのお店がよくてどのお店が悪いのか、書きたいのはやまやまですが、お店の人が意外にこういう誰も読まないようなブログにまで目を光らせていることがあり、以前あるお店のことを実名で他で書いたら店主の人に読まれてしまい、後であれこれ言われてしまったことがありました…結構怖いです。匿名で書いていたのですが色々な状況で分かったようです。匿名記事なのですからわざわざ個人を特定してそこまで言わなくてもと思いましたが、そういう性格の方だったようです。

 

一つだけ、pianqueの家の近くにワイン屋さんがあります。

輸入もやっているようですが輸入会社としての評判はネットを見る限り非常に悪いです。

でも、ものによってはとても良いものがあり、一度買ったワインの保存状態は非常によいと思いました。

そこで何度か注文したのですが、あの店の問題は、取り置きを頼んでおくとお店の入り口近くにしばらく放置されてしまう所です。

特に夏場だと、ドアの開閉で入り口近くの温度は頻繁に変化しますし日光も入ります。

温度の高い低いというよりも温度変化がワインに悪いということは、状態を非常に気をつけて管理しているワイン屋さんであれば常識だと思っていましたが、全てのお店がそうではなさそうです。

そして一番どうか?と思ったのは、ある自然派生産者のワインを室温の場所に置いていたことです。

25度までであればワインに影響はないとお店の人は言うのですが、その生産者に関しては、生産者自身が「12度から15度で保管してください」とラベルに書いています。それを無視してそういう管理をするのは生産者が可哀想です。その生産者のラインでは安い部類に入るワインですが、それだって5000円以上しますし、安めの(安くありませんが)ワインだからぞんざいに扱っていいということありません。

店主さんのワイン歴は当然私よりずっと長いのですが、あのお店に行くと全くの素人扱いをされるのでそれも不愉快です。「ワインの何たるかをわかっていない奴がネット情報などを信じ切って温度ぐらいのことでうるさく騒いでいる」と思われているのでしょう。

「ワインの何たるか」というのは一体何を指してそういうのでしょうか。

コンディションのいいワインと悪いワインを飲み比べれば、経験の浅い人でもその差は分かるはずです。

そういうこともあって、ご近所ですが以降そのお店には行かないようにしています。